NEWS&EVENT ニュース&イベント

鳥取市緑ヶ丘 新築 お客様の声をいただきました!

6ヶ月点検 鳥取市緑ヶ丘

鳥取シンセイホームでは、お困りごとがあればその都度、対応させていただくアフターメンテナンスとは別に、お引渡しから10年間「6ヶ月、1年、3年、5年、7年、10年という節目」に定期点検を実施しています。

6月下旬、鳥取市緑ヶ丘で新築させていただいたお客様から、6ヶ月定期点検のご依頼があり、お宅訪問いたしました。

6ヶ月と言えば、住み慣れてくるころですね。

住んでから、気になることや不明な点が出てくる時期でもあります。

気になることを伺い、その後室内・屋外を点検

【 気になること 】

・キッチン横、床なり

冬は空気が乾燥するため、無垢材に含まれる水分が放出され無垢材は収縮します。その際に反りや暴れが出ます。

夏は湿気が多いため、無垢材はその湿気を吸い込みます。その際に無垢材は膨らみ、フローリング同士が窮屈になって床なりすることがあります。

このように無垢材は調湿効果があるので季節ごとに収縮したり膨張します。その際に床が鳴ったりします。

無垢板の特徴のひとつで、年月を経ると落ち着いていきます。

「無垢材は生きている」とか「呼吸している」という表現はこういうところからきているんでしょうね。

 

・駐車場 色むら

セメントに配合した骨材などに含まれるカルシウムの生成状況によってコンクリートの濃淡の差が出たりします。

また、冬季や雨天時に発生しやすいです。

この現象はお宅によって出たり、出なかったりして予想がつかないのが現状です。

年月が経てば、気にならなくなると思うので様子を見ていただければと思います。

 

【室内・屋外の点検】

一通り確認したところ、特に補修箇所もなく、30分ほどで6ヶ月点検を完了いたしました。

 

【 お客様の声 】 住み心地について伺ってみました♪ 

【 お客様の声 鳥取市緑ヶ丘 T様 】

快適に暮らしています。

「冬も暖かいし、旦那も子供もずっと素足です。」と奥様。

「スリッパ要らないですね。」と言うご主人、この時も素足でした。

「それに湿気も吸ってくれて快適です。」とご夫婦とも無垢杉の床を大変気にいっていただいたようです。

また、クロスも綺麗に貼っていただけて…と、とても満足のご様子でした。

 

ただ1点、杉は柔らかいのでもう少し固い素材の木でもよかったかなと思いました…とご主人。

たしかに杉材は柔らかいので傷がつきやすいということがありますが、複合フローリング(合板などの基材に化粧材を貼り合わせたフローリング)と違って、無垢材は傷がついても削ったり、湿った雑巾を当てることで傷やヘコミを補修することができるので、とてもメンテナンス性のいい床材です。

そのメンテについては、奥様がバッチリ対応されていましたので、引き続きよろしくお願いいたします。

T様、ありがとうございました!

これからもT様の住環境がよりよくなりますように社員一同尽力して参りますのでよろしくお願いいたします!

鳥取市緑ヶ丘T様邸は、こちらからご覧いただけます。

COPYRIGHT © SINSEIHOME CO.,LTD. ALLRIGHT RESERVED.